~H様邸~

H様邸新築住宅

先般の日大安吉日の日に、八幡東区にてH様新築住宅の地鎮祭を無事、執り行いました。

波多様 地鎮祭
波多様 地鎮祭2
余談ですが。。。

建築以外のお仕事をされていらっしゃる方においては、地鎮祭といっても、人生で何度も経験することはないと思います。
私どものような建築に携わる仕事に就いていると、何度も経験する事ですので、その中で皆さんのお役に立つかもしれないことを書いていきます。

 

地鎮祭については、地域差や神社さんによって違いがあるようです。
概ねですが、地鎮祭に必要な物(お供物(おくもつ))は、次の通りです。
・お酒
・お塩
・お米
・野菜(根の物(大根やニンジン)、葉の物(その季節でとれるホウレン草や小松菜)、丸い物(かぼちゃやナス))
・昆布
・尾頭付きの魚(上田市周辺では生の魚では無く、茹でたマスが一般的)
・祈祷料(お布施、御礼、玉串料)

 

ちなみに、皆さんが気になる祈祷料は、相場では4万円くらいだと思われます。
神社さんによって、金額が決まっていたり、いなかったりですので、地鎮祭のお願いをする際に金額の確認をするとよいと思います。
ちなみに、住宅以外(工場や倉庫など)ですと、もう少し金額が上がるようです。

 

住宅工事の地鎮祭などは、神主さんが司会をしながら進行してくださいます。
その中で、神様が下りてくるという”降神の儀(こうしんのぎ)”という場面があります。
ほとんどの神主さんが呪文(実際は祝詞(のりと))を唱え「ウォーーー、又は、ウゥーーー」という言葉を発します。
この言葉に慣れないうちは、思わず笑ってしまったりしがちですが・・・神主さん達は真剣に神事を行っています。
ちなみに、その時は頭を下げたままで、神様を見てはいけないのだそうです。

ある神主さんの話をお聞きしたところ、1番大切なのは「神様にお願いして土地を清めて頂く気持ち」なんだそうです。

 

最近は地鎮祭をやらずに工事をされるお客様もいらっしゃいますが、家づくりにおけるケジメとして、地鎮祭を執り行うことも大切だと思います。
また、地鎮祭を行うと家づくりにおける、良い思い出や記念にもなると思います。